インナーパラソルの正しい飲み方を覚えよう

こんにちは!当ブログ管理人兼編集長のヒメと申します。

先日、テレビに鈴木杏樹さんが出演されていました。とってもきれいでお肌も白く、若いころよりも美しさに磨きがかかったという感じでした。

聞くところによると、鈴木杏樹さんはもう50歳近くになるのに、透き通ったお肌を維持されています。

凄いですね~。

私たちもインナーパラソルのようなサプリメントを上手に活用して、女優さんのような透き通る肌を目指していきましょう。少なくともこれ以上劣化することが無いように対策をしっかりしていきたいですね。

せっかくお金を出して高いサプリメントを購入しても、正しい使い方(考え方)を知らなければもったいない。正しい飲み方を覚えて長く続けていけるようにしましょう。

インナーパラソルの飲み方詳細

不安な方は必ず医師に相談してください。

インナーパラソルなどのサプリメントはお薬ではありません。健康食品です。ですから、基本的にはほかの薬と併用しても問題ありませんし、これまでに健康被害が出たという報告はありません。

妊娠中や授乳中の方は念のために使用を避けたほうが良いと思いまが、どうしても使いたいという方は、お医者さんに必ず確認をしてからにしてください。

その他持病をお持ちの方も、サプリを飲むときは必ずお医者様の指導を受けるようにしましょう。

1日に飲む量はどのくらいが良いか?

インナーパラソルは1袋に60粒入っています。特に何粒以上飲んではいけません・・・というような決まりがあるわけではありません。

公式サイトでは2粒~6粒程度が良いと書いてあります。

飲む日焼け止めサプリメントは、1度にどのくらい飲むか?ではなく、毎日継続することのほうが大切です。

何故なら、インナーパラソルにも含まれているニュートロックスサンという成分は、継続して飲み続けるほど効果が高まる性質を持っているからです。

継続コース(1袋)で申し込んだ場合は、毎月60粒が送られてくることになりますので、1ヵ月で1袋を消費するイメージで、毎日2粒くらいずつ継続的に飲み続けることが良いでしょう。

インナーパラソルはニュートロックスサンの配合量が他の製品よりも多く、1粒あたり125mgも入っています。ですから、目安となる250mgをたったの2粒で摂取できることになりますので、2粒でも十分に効果は期待できます。

いつ飲むのが効果的なのか?

食前とか食後とか、お薬の場合にはそういった決まりがありますが、インナーパラソルは食品なので、特に決まりがあるわけではありません。

ただ、飲み忘れを防ぐために、毎日習慣として朝出かける前に飲むというのが一般的です。のむ時間を決めておけば、飲み忘れを防ぐことができます。


以上、インナーパラソルの飲み方について解説させていただきました。

インナーパラソルと他のサプリとの違いは、ニュートロックスサンの配合量が多いことです。人気サプリメントのホワイトヴェールでもニュートロックスサンの配合量は1粒あたり62.5mgですから、その圧倒的な配合量がわかりますよね。

インナーパラソルは、より紫外線対策に重きを置いたサプリメントという印象です。

もし、ホワイトヴェールとインナーパラソルで迷われている方がいらっしゃいましたら、ホワイトヴェールは初回980円で継続の縛りが無いので、まずはホワイトヴェールを試して効果を見てから、インナーパラソルに移行されてはいかがでしょうか。

それぞれの公式サイトは下のバナーからお進みいただけます。