夏になると、特に紫外線を気にする女性が増えます。まず、紫外線を対策をしたい場合に最も優先的にやるべきは、もちろん日焼け止めを塗ることです。ただし、日焼け止めは肌にも負担をかけますから、SPF 30位のものを使用することがお勧めです。

ちえちえ

日焼け止めは普段から使うものでしょ。SPFが高いものはお肌への負担が大きいことは知っていたけど30位を目安にすればいいのね。

例えば山や海に行くなど、絶対に日焼けすると分かる場合はSPF 50もオススメですが、普段使いならば30で問題ありません。さらに、家の中にいたり曇りの日だったにしても日焼け止めが必要だと言う考えもあります。確かにそれはそうなのですが、仮に多少の紫外線を浴びたとしても、家の中にいた日や曇りの日にはまず日焼けはしません。

ひろひろ

肌への負担と紫外線対策とのバランスが重要ってことだね。曇りの日のちょっとした外出は、長そでを着てもいいし、日傘などを使ってみるのもいいね。

もちろん徹底的に紫外線はブロックしたい、絶対に紫外線を浴びたくないと思う場合は日焼け止めをつけたほうが無難ですが、1日じゅう家にいたりだとか、曇りの日に多少外に出る位の日には、日焼け止めは塗らなくても大丈夫です。むしろ頻繁に塗ることで、肌に悪影響を与えてしまう可能性の方が高いです。もしも絶対に日焼けをしてしまうような場所に出かけた場合は、頻繁に日焼け止めを塗り直しましょう。

また、日焼け止めはしっかりとクレンジングで落とす必要があります。もちろん、中にはお湯でも落ちると言うものもありますが、それでもしっかり落とすためにはクレンジングを使いましょう。クレンジングを使った後は、洗顔料で顔を洗うことが重要です。また、日焼け止めは肌に影響与えますので、家に帰ったらすぐに洗顔する位の気持ちが大切です。

エリーエリー

日焼け止めクリームはクレンジングで落とすのが基本ですわ。でも肌が弱くて普段クレンジングを使えない方はあまり強力な日焼け止めクリームを使えないわね。

特に日焼けが気になる時期には、出来る限りビタミンCを配合した化粧水の使用がおすすめです。もしも山や海、プールなどに出かけて日焼けをしたと言う場合はなおさら重要です。ビタミンCは、ダメージを受けた肌を修復してくれますので、家の中や曇りの日に出歩いた時にダメージを受けた肌を補修してくれます。もちろん、化粧水だけではなくてビタミンCのサプリの摂取や、ビタミンCが入ったフェイスパックなどもお勧めです。さらに、野菜や果物を積極的に摂取して食物からビタミンCを採ることも大切です。

もみじもみじ

普段使うならSPF30以下のものがお勧め。SPFが弱めのものならクレンジングが必要の無いクリームもあるんだワン!

⇒クレンジングしなくてもいい!日焼け止めクリーム(MAM&BABY)